しらける瞬間

  グランブルーファンタジーの話だが、ゴールドムーン導入、SSRフェリ登場と来たあたりから一気に課金・無課金の戦力差は広がったのではないかと感じる。無課金は風、課金者は光を選択するのが大正義という状況。もちろんプレイヤーは自分の好きな属性を強化していってもよいのだが、マルチバトルでこの2属性があまりにも暴れ回っている。

 自分の身内があまりにもやりこんでいるためこの狂気の沙汰のようなレースについていっている、というか先頭を行っているようなプレイヤーすら混ざっているのだが、彼らのやりこみを傍観しているだけでもう満足してしまった。

 オンラインRPGは自分のかけた情熱と時間(効率プレイ)がものをいう世界で、そしてそこに終わりは無い。そういうことを考えていると、対戦ゲームならともかく、終わりのないRPGで効率プレイをする意味はあるのか?などと考え始めてしまう。もちろん、楽しむためにやりこむわけだしそこに異議とか意味を求めるのはゲーマーとしては何か違うとは思うのだが、全員が横並びで課金しながら同じコンテンツを効率プレイしている姿というのは、やはり俺のスタンスではないということなのだろう。

広告を非表示にする