某アニメ最終回と、不満をつらつら

・結局最後まで「笑顔」「冒険」「キラキラ」というふわふわしたフレーズを多用したままで、なぜPが笑顔にこだわるのかというところさえ説明されず。常務とのやりとりで「まあアイドルは自分らの想像を超えてっちゃうんでグダグダ言っててもしゃーねえw」みたいな結論に達したのはまあそういうもんかなあとは思った。

 

・肝心のライブシーンは力つきたとしか思えず、回想まで入れてくる始末。というか2期は基本的にライブシーンは止め絵が多くてほとんどライブシーンの楽しみがなかった(ライブ以外の部分も延々と曇り展開ばかりだったし)。

 

・しかし、積み重ねてきたものが無さすぎるというか薄すぎる(二期以降)。なので回想に感慨深い想いに浸ることもできなかった。特にNGは、日常生活のなかで集まって食事をしていたりとかそういうチーム感が完全に欠けていた。だからNGは大切な集団云々という話が出ても惹かれるものがなかったな。

 

・アニメ化だというのに、まさかNGもTPも株を落とされるようなシナリオになるとはいったい誰が予想したのか。卯月復活回も、自主ダンスレッスンしかやってなくてリハーサルを一度もやっていなかったのに飛び入りでライブを成功させてしまうという(「想像を超えてくる」の在り方として考えても疑問符が残る)。

 

・ファンの扱い。たとえばアニマスでは律子が1話だけアイドルとしてライブを行うエピソードがあるのだが、そこでは律子がアイドルを退いて以降もずっとファンでいてくれた人が色々と働きかけてくれたりなど、アイドルという仕事はファンあってのものだということを強調しているのだが、そういった点が触れられることは無かった。

 

モバマスの方では毎週「NOMAKE」と「マジックアワー」を配信しており、NOMAKEのほうでは本編で語られていなかったエピソードというのを毎週やっていたが、アニメ視聴者でかつゲーム未経験者の何割がそこまで行ったのだろう?

 

・アイドルの人数が多すぎるからCPにメンバーを絞ったのだろうなあと思ったら、結局二期で登場アイドルが更に増えてきて、元々あまり喋れていなかったキャラが更に喋れなくなってしまったのは本末転倒なのではないか。常務はヘイトを引き受けるキャラとしては気配りが充分すぎるほどだったが、彼女にとってアイドルとはどういった存在なのか、なぜここまで成果にこだわるのかといったバックボーンは一切語られることはなく「346のブランドが~」で終始貫き、実務的な性格のはずなのにやたらポエミーなやりとりを行う。2期のシナリオを引っ張っていく敵役として考えるには優しすぎたし、かといって共感することもなかった。まあそういうもんだよねとは思うが、ならどうして延々と....

 

・普段喋りが下手くそで、「笑顔」とか曖昧なことしか言えないPがポエム合戦になると途端に力強く話し出すのはどうなの。

 

・NGで凛が云々というところではあれだけの騒ぎが起こったのに、美波はあっさり送り出してしまうという対比は何かあるのかな?と思ったが特に無かった。一体なんだったんだ?大人力アピールのため?

 

・二期序盤で楓さんが「私はファンの皆さんと共に歩んでいきます」と常務に反発したエピソードは素晴らしいと思うが、これを最初に持ってきたのに結局ファンのこととか一切考慮せずにふさぎ込む卯月とかは、お前先輩から何も学んでないのかって気分にさせられてしまう。後半に持ってくるべき話だったと思う。

 

・一期では裏方っぷりがよくわかり、コミュニケーションは苦手ながら有能なところは有能というのが伝わってきたPだが、二期においてはそういったシーンの描写は省かれまくり、アイドルは曇りまくりで本人は常務とポエムライブバトルするしでキャラクターとして劣化してしまったように感じる(このキャラを演じた声優本人にもダメだしをくらったらしい)。

 

 

総評としては、やっぱりキャラが多いソシャゲアニメで一本のシナリオやるんだったらスポットをあてるキャラクターは絞らないといけないし、それが無理でもせめてアイドルアニメだったらライブシーンはきっちりと動かしてほしかった。

 

一期はまだよかったが、二期を視聴するくらいなら最初の二話で止めて

ガンガンのNG漫画を読んだ方が絶対によい。