supportメインとは?

 最近、身内がsoloQでsupportをプレイする頻度が明らかに全体的に上がっている。本人たちの言うところによれば、fillと言っていたら自動的に回ってきたりだとか、あるいは得意なroleをとられたからとりあえずやっているのだということだが、しかし確実に結果が出ているから面白い。supportメインでやっていないプレイヤーであっても、supportが求められている仕事を理解していればちゃんと結果を出している(勝率は実際良いようだ)。

 

 なぜsupportは結果が出やすいのか?自分がある程度勝ち進み、マッチングが完全に自分と互角かもしくは格上の相手と組まれるようになった時、リスクやプレッシャーがもっとも低いroleであり、それでいて見返りが大きいというのがあるのではないか。

ただでさえ、NAのsupportはtrollまがいのものが多い。sight stoneを持っても適切な視界取りを怠り、デワードもろくにしなかったり、ずっとbotに張り付いて他レーンの助力に回らない、そういう輩はそこまで珍しいものではない(mageをpickしてcarry buildだとか)。だからこそ、常識を持ったプレイヤーがsupportをやっただけで結果が出てしまうのだろうけれど、もともとsupportメインでプレイしている自分としては非常に複雑な気分にはなる。自分は付け焼刃supportを圧倒することはできる。しかし、それで他のroleをやったら常勝近くに持っていけるかと言われれば微妙だ。midもtopも大きくメタが動いてしまった。adcも立ち位置が難しく苦手である。

 ただ、supportはやりやすいroleであっても、簡単なroleではないはずだ。開き直り、では余が真のsupportを見せてやろうというような気概が必要なのかもしれぬ。

広告を非表示にする